ハードルの高い再婚

ハードルの高い再婚

活動内容は複数あったのですが、
基本的に相談所の担当者から紹介されるお相手と
コンタクトを取ることが多かったです。
私と同じような再婚希望者だけではなく、
初婚だけれど婚歴は関係ないと思っていらっしゃる方の紹介もありました。

 

私は結婚生活を楽しく過ごせる人であれば、
再婚でも初婚でも良いと考えていました。
それはお相手も同じような考え方でしょう。
しかし、現実は甘くはありません。
再婚は割とハードルが高いです。
単なるバツイチなら大丈夫かもしれませんが、
結局は子供の事もひっくるめて考えなければいけません。

 

私とのフィーリングは合いそうだけど、子供達とのフィーリングは悪そうだな。

 

この考えが永遠に続くのです。
楽しくお話しさせて頂いていても、子供達がアウトなら
結婚には辿り着かないなという考えしか思い付きませんでした。

 

そんな時に担当者からアドバイスを頂きました。
私は誰のために婚活をしているのか?
どうして再婚をしたいのか?
質問をされると、なんともちぐはぐな答えになる自分に気付きました。

 

私の答えはこうでした。
私が幸せになる事で子供達にも幸福を与えられる。
子供達が気に入る人なら、一生やっていけるだろう。
全く考えがまとまっていないのだから、
どんなに女性とお会いしても次に繋がらないと判断しました。

 

そんな時に出会ったのが今の妻です。
とにかく余計な気持ちは排除しました。
自分の為に結婚すること!
それだけを考えて女性を選びました。
今の妻もまた、私と同じような悩みを抱えたひとりでした。
まだ誰とも進展をしていないのに、
子供を理解してもらえるのかどうか不安だったと言います。

 

しかし、出会って気持ちが盛り上がってしまうと、
そんな考えはひとまずどうでも良くなりました。
あんなに時間がないと言っていたのに、仕事も子育ても充実していました。
今までと時間の長さが違うみたいに。
気付けば毎日に笑顔がこぼれるようになり、
子供達も楽しそうに生活してくれるようになりました。

 

バツイチ子持ちの婚活(後編)